当サロン全般、鍼灸マッサージ アロマ リフレに関するご質問にお答えします。

プライベートサロン マーノマーニ〜 豊島区巣鴨・駒込でアロマセラピー・リフレクソロジー・アロマフェイシャル・ボディケアの施術はお任せ下さい。
TEL: 03-5980-8891

Q&A

店舗

  • コースの選び方がわかりません。
  • 当サロンは、アロマセラピー、リフレクソロジー、ボディケアと多彩な施術をご用意しています。当日の体調や疲れ具合などを考慮して、最適な施術をご提案させて頂きます。分からないことがありましたら何なりとご相談ください。
  • 予約は出来ますか?
  • はい。当サロンはご予約優先で施術を行っています。飛び込みでも可能ですがご希望のコースをできない可能性がありますので、ご予約されることをお勧めいたします。
  • 妊娠中だけど大丈夫ですか?
  • はい。当サロンはリフレクソロジー35分のコースのみ、妊娠中の方にも施術させて頂いております。6カ月から9カ月の安定期の方は施術可能です。通常よりも優しくゆったりと行います。リラックスして過ごすことは赤ちゃんにとっても良い胎教となります。むくみや冷え、こむらがえりの予防などにお役立て下さい。マタニティライフを応援するハーブティもご用意しております。是非ご相談ください。
  • 子連れでも大丈夫ですか?
  • 当サロンは平日の時間帯によってはお子様とご一緒にご来店頂けます。無料で保育士の手配をサービス致します。保育士がお子様をお預かり致しますので、安心してゆっくりと施術をお受けいただけます。
    ご利用には前日までのご予約が必要ですので、お早めにお問い合わせくださいませ。
  • 着替えはありますか?
  • はい。Tシャツとショートパンツをご用意しています。もしご自分のものがよろしければお持ちいただいてもかまいません。
  • 車で行きたいのですが駐車場はありますか?
  • はい。無料でご用意しております。ただし、1台分のみとなりますので、お車でいらっしゃる場合は、1度ご連絡ください。

リフレ

  • リフレクソロジーとは何ですか?
  • リフレクソロジー(reflexology)とは、日本語で「反射区療法」と呼ばれる自然療法です。手や足などの身体の先端には、身体全体が地図のように映し出されていると考えられています。その映し出されている、身体の臓器や器官(例えば肩や胃腸など)の一つひとつを示すゾーンを"反射区"と呼びます。反射区をくまなく刺激していくことで、老廃物の排泄を促したり、身体全体のバランスを整えたりする効果が得られます。その結果自然治癒力が回復されて身体の不調が緩和されることが期待できるのです。
  • リフレクソロジーは足ツボ療法とは違うのですか?
  • 違います。リフレクソロジーは面でとらえた足の刺激ですが、足ツボは点でとらえます。また、足ツボの場合は、様々な症状に対して、その症状に直結するツボを提示し、その"点"を刺激することで症状を緩和するとしています。
    しかし、リフレクソロジーは足の全体を刺激することで身体の本来のエネルギーの流れを促進し、心身はバランスを取り戻し、自然治癒力が回復されて、結果的に不調な症状が緩和されるという考え方をとっているのが特徴といえます。
  • リフレクソロジーは痛いですか?
  • いいえ。リフレクソロジーは痛みの少ない独特の指の動きで刺激をします。関節や器具などは使いません。柔らかい指の腹を使ってソフトに優しく刺激をしていきます。ほとんどの方が施術中にお休みになられます。
    しかし、部位によっては痛みや敏感に感じることがあります。一般に老廃物が存在する反射区は敏感です。これは、エネルギーゾーンの滞りを表しているといわれます。また、老廃物が存在しない場合の痛みは、対応する部位に何らかのアンバランスがあるサインと考えることができます。
  • 老廃物とは何ですか?
  • 尿酸や乳酸が、体内に蓄積され結晶となったものを示します。肉体の各臓器や器官が疲労すると、対応する反射区に老廃物が溜まり、コリコリ、ブヨブヨという独特の感触を感じることがあります。そのサイズや硬さ感触などは、不調の箇所や体質・状態などにより様々です。
    リフレクソロジーを受けることで、老廃物が体液の流れに乗り、最終的には尿や汗として外に出て行くと考えられています。
  • リフレクソロジーによって期待できる効果は、どのようなことがあげられますか?
  • 1)病院へ行くほどでもない肩こりや腰痛、疲れ目、イライラなどの緩和
    2)全身のエネルギーバランスを整え、自然治癒力を回復
    3)深いリラックス効果
    4)老廃物や毒素、不純物(鼻水やゲップ)などの排泄
    5)血行を促進
    6)前向きな気持ちになったり、やる気を出させる
  • リフレクソロジーを受けている途中で、どのような反応が出ることがありますか?
  • 1)体温が下がり、寒気がする
    2)体温が上がり、汗をかく
    3)喉が渇く
    4)トイレに行きたくなる ※代謝機能の回復過程での反応と考えられます
    5)手足にしびれを感じる ※エネルギーの流れが刺激されることでの反応と考えられます
  • リフレクソロジー後はどのような反応が出ることが考えられますか?
  • 1)体全体の力が抜けたような状態になる
    2)前向きな活力が湧いたり、憂うつになったりと感情的心理的な変化が現れる
    3)よく眠れる
    4)排尿・便通が活発になる
    5)汗をかいたり、喉が渇いたりする
  • 通常はどのくらいの間隔をあけて受けるのがよいですか?
  • 症状や人により異なります。施術に対する反応がすぐ現れる場合もありますが、人によっては3〜4日たって反応が現れる場合があります。したがって、間隔としては5~8日間が目安となります。1週間に1回程度を連続的に受けることで慢性的な症状が緩和されるケースが多くみられます。一般に良好な反応が続き出したら、1ヶ月に2~4回を定期的に受けることで、心身のバランスが整えられ、病気になりにくい身体づくりが期待できるといわれています。
  • 施術後リフレクソロジーの効果を高める為のお勧めのケアは何ですか?
  • 1)水分をたくさん摂るようにする ※老廃物を体外に排泄しやすくします
    2)その日は早めに床につくなど、休養の時間を積極的にとるようにする
    3)極端に消化の悪いもの(脂肪分が多いもの)を控える
    4)アルコールは飲まないようにして、珈琲や紅茶などのカフェインも避ける ※常温のミネラルウォーターや温かいハーブティがお勧めです

アロマセラピー

  • アロマテラピーとは何ですか?
  • アロマテラピーとはアロマ(Aroma・芳香)、テラピー(Therapy・療法)を合わせた造語「芳香療法」です。植物の有効成分を凝縮した精油(エッセンシャルオイル)を使って行う自然療法のひとつです。
    植物の香り成分には、心身をリラックスさせたり、人間が本来持っている自然治癒力を高めたりする、さまざまな働きがあります。精油の香りをかいだり、吸入したり、キャリアオイル(植物油)に希釈したものを使ってトリートメントを行い体内に取り込むことで、心身の不調を改善し、全身のバランスを整えます。
  • 精油とは何ですか?
  • 精油は植物から抽出した100%天然のものです。植物の中から抽出できる精油はほんのわずかです。
    植物の生命力が凝縮した貴重なものなのです。
    原料となるのは、植物・花・樹皮・果皮・茎・葉・根・樹脂・種子などさまざまです。植物によって抽出される部位は異なり、どんな植物のどの部位から抽出されたかよって、成分も異なれば、人体にもたらす影響も変わってきます。
    また、オイルという名に反して、油の成分である脂質類はほとんど含まれませんが、水には溶けず、油にはよく性質を持っています。
  • 精油はどのようにできますか?
  • ◆水蒸気蒸留法
    最も一般的な方法です。植物を蒸留釜に入れ、蒸気の熱によって芳香成分を蒸発させます。芳香成分が含まれた水蒸気を冷却し、液体に戻します。その液体の上澄みが精油となります。

    ◆ 圧搾法
    柑橘系の果皮から抽出する方法です。ローラーなどの機械を使って果皮を圧搾し、低温の状態で精油を抽出します。

    ◆溶剤抽出法
    水蒸気蒸留法や圧搾法では抽出できない植物の芳香成分を直接溶かし出して抽出する方法です。この方法で抽出された精油は「アブソリュート」と呼びます。

    植物に含まれる芳香物質の量は、0.01~10%前後とごくわずかで、この量によって、できる精油の量も決まります。例えば、1キログラムの精油を抽出する場合、ラベンダー約150キログラム、ローズオットーでは約2トンもの花が必要となります。
  • 精油の成分と効能とはどのようなものですか?
  • 天然の精油には、豊富な有効成分が含まれ、これらの相乗効果により、さまざまな薬理作用をもたらします。痛みや炎症をやわらげたり、不安や緊張を取り除いたりと、1本の精油が実に多岐にわたる効能を発揮します。単独の成分や、合成されたものでは決して代用することはできません。
    ここでは、たくさんある作用のなかから、主な精油の作用をあげます。
    1)鎮痛・消炎作用
    2)殺菌・抗菌・抗ウイルス作用
    3)ホルモン調整作用
    4)強壮作用
    5)血行促進作用
    6)健胃・整腸・消化促進作用
    7)利尿・解毒作用
    8)デオドラント作用
    9)鎮静・抗ストレス・精神安定作用
    10)細胞成長促進作用
  • 精油の芳香成分はどのように体内に取り込まれますか?
  • おもに3つのルートをたどって体内に取り込まれて、心と体に影響を与えます。

    ◆鼻から脳へ
    空気中に蒸発した精油の成分を吸い込むと、その成分が鼻の奥の粘膜付着し、大脳へ。そして自立神経を調節したり体温やホルモンの調節をする視床下部に伝えられ、心身に影響していきます。

    ◆肺から血液へ
    呼吸によって取り込まれた芳香成分の一部は気管を通り肺に入り、血液に流れ込み体内の組織に影響を与えます。

    ◆皮膚から血液、リンパへ
    アロマトリートメントやアロマバスで、肌から成分を吸収して得られるルート。皮膚の表面には体を外部から守るバリアゾーンがありますが、精油はとても小さな分子でできているため、これを通過します。精油の成分はさらに血液やリンパに浸透し、全身を駆け巡り、各器官に作用していきます。
  • アロマテラピーにはどんな方法がありますか?
  • アロマテラピーには色々な方法がありますが、ここでは4つの方法を紹介します。

    ◆芳香浴
    空気中に精油の香りを拡散させ芳香。お部屋ではアロマライトで、広い空間ならディフューザーと呼ばれる電動式の芳香拡散器が効果的。精油の殺菌効果で空気が浄化される効果もあり、好きな香りをかぐことで気分もほぐれます。

    ◆吸入
    精油は揮発性が高いため、精油のビンから直接かぐだけの簡単な方法でもOK。お湯を張ったマグカップや洗面器に、精油を落として蒸気を吸い込むスチームアロマの方法もあります。特に風邪や花粉などの呼吸器の症状に効果的。

    ◆アロマバス
    精油を落としたお湯につかります。手や足の部分浴も効果的。体を温めて全身の筋肉をほぐし、抹消神経の血液を促進するので、疲労感やストレス解消に。

    ◆トリートメント
    キャリアオイルに精油を加え、体に塗布します。心地よく感じる強さで末端から中心に向かって行います。血行促進、疲労や緊張を取る効果があります。
  • アロマトリートメントによって期待できる効果はどのようなことがあげられますか?
  • 香りを楽しみながらのボディトリートメントはアロマテラピー効果を心でも体でも感じることのできるベストな方法です。

    ◆体への主な働きかけ
    1)血液、リンパの刺激
    2)毒素と老廃物の排出
    3)新陳代謝の促進
    4)筋肉、組織のリラックス
    5)脂肪細胞を分解する
    6)コリをほぐす

    ◆心への主な働きかけ
    1)リラックスと幸福感をもたらす
    2)活気と健康を実感できる
    3)元気回復
  • 体内に吸収された精油の成分は、どのように排泄されますか?
  • 精油は体内をめぐり、腎臓、肝臓に運ばれて解毒・代謝され、不要なものとして尿や便、吐く息、汗などから体外に排泄されます。精油の排泄は吸収と同じくらい大切です。溜め込んでいいものではありません。必要な働きを終えた後は、ちゃんと排泄されるよう、アフターケアを行いましょう。
    アロマトリートメントなどを受けた後のオススメのホームケアをご案内します。

    1)お風呂や足浴で体を温めて血液の循環や発汗を促す(長湯は避けましょう)
    2)温かい飲み物を多めにとる(解毒作用を高める為)
    3)当日はなるべくアルコールを摂らない(いつもよりアルコールの回りが早い為)
    4)お食事は消化の良いものをいつもよりは少なめに
    5)過度な運動は避ける(血行がよくなっている為身体に負担がかかることがあります)
    6)早めに床につくなどゆっくり休む
    (温泉に入った後のように少しだるくなったり、眠たくなったりすることがあります)
  • アロマトリートメントに副作用はありますか?
  • 副作用の心配はありません。
    ただ、トリートメント後は急に代謝が活発になることで、強い眠気や疲労感、頭痛などの体調の変化を感じることもあります。これは、『好転反応』と呼ばれる、身体の解毒作用です。個人差はありますが、数時間から2日くらいの間で自然と消滅します。
    特に、トリートメントを初めて受けられたときや、疲れが強いときにはこのような症状が現れることが多いようです。そのため、トリートメント後にハードな予定はいれず、ゆっくりと静養されることをおすすめします。
    また、個人差はありますが、リラックス効果で集中力が持続しにくい場合があります。車の運転などはご注意下さい。